活躍の場が豊富にある|海外との取引に必須な貿易研修|輸入や輸出に特化した知識を学ぶ
女の人

海外との取引に必須な貿易研修|輸入や輸出に特化した知識を学ぶ

活躍の場が豊富にある

男女

高めの時給が特徴

派遣の仕事において、英語ができるというのは選択できる仕事の幅が大きく広がります。英語を活かした仕事というと外資系やIT系、貿易などが思い浮かびますが、英語ができるから外資系ということではなく、国内系だからこそ英語ができる人材がほしいというケースもあります。事務だけではなく、コールセンターでの電話サポートや企業の受付など、派遣の仕事で英語力を求める職種は多岐に渡ります。英語ができるといっても、読み書きや日常会話なら問題ないというレベルから、翻訳までこなせるレベルまで、人によって身につけているスキルは様々でしょう。派遣会社ではスキルに応じて、その人にあった仕事を紹介してくれますが、一般の仕事より時給が高めに設定されているケースが多く、特に翻訳や通訳などでは高い時給が設定されているのが特徴です。

スキルをわかりやすく提示

派遣会社では登録時にスキルチェックが行われます。英語を活かした職種を希望する場合には、どのレベルの英語力があるのかということがテストされるでしょう。できれば、TOEICやTOEFLなど、知名度の高いテストの点数を提示できると、派遣会社側も派遣先企業にもレベルが判定してもらいやすいでしょう。また、派遣会社では自社でキャリアアップ研修を行っていたり、TOIECテストの受講料の補助や提携している外部スクールに安価に通えたり等、スキルアップのサポートを行っているところが多いので、これらのサポートを活用するのもポイントです。また、英語ができるというだけではアピールが弱くなるので、英語を使って何ができるのかということも整理しておくといいでしょう。